離乳食のアイデアレシピ

ツナ缶は使い回しできる万能食材

離乳食が進んでくると、栄養面を考えて色々な食材を食べさせるようになりますよね。

お魚は小骨も多いので、赤ちゃんに食べさせるのが難しく、ママも離乳食の具材に使うのは大変一苦労。きちんと骨をとりほぐしたつもりでも、「もし小骨が残っていたら」という心配もつきものです

そこでおすすめなのが「ツナ缶」です。

ツナ缶は離乳食の材料として大活躍する、ママのお助けアイテムですよ。

ツナ缶はいつから食べられるの?

ツナ缶は、離乳食中期(生後7ヶ月~)から与えることができます。

ツナ缶は、あらかじめ骨や皮がきちんと処理されているため、魚をほぐす手間が省けて離乳食づくりの時短ができます。また、骨を処理し忘れてしまう心配もないので、安心して赤ちゃんに食べさせることができるメリットもあります。

ツナ缶を食べさせるときに気を付けること

ツナ缶を赤ちゃんに与えるときは、「ツナ水煮」を選びましょう。ツナ缶にはオイルタイプもありますが、オイルタイプは味も濃く脂分が濃いです。赤ちゃんの胃腸に負担がかかってしまうので、避けた方が無難です。

また、水煮缶の中でも「食塩無添加」のものがあればなお良いです。

ただし、食塩無添加のツナ水煮缶は置いていないスーパーもあります。

ツナ缶の調理方法

ツナ缶は離乳食に使う際は、「食塩無添加」の場合、汁ごとでもツナだけでもどちらでも可能です。汁にも栄養が詰まっているので、スープや雑炊に使うと、無駄なく使うことができておすすめです。

もし、無添加ではなくノンオイルツナ缶であれば、汁は捨てて一度湯通りすることをおすすめします。

また、ツナ缶をすべて使い切らずに余ってしまった場合には、「冷凍保存」も可能です。

汁は切り、1回分ずつフリージングしておくと、次回使うときに便利です。

ツナ缶を使った離乳食レシピ

「ツナとじゃがいものお焼き」

ツナ10g じゃがいも40g 片栗粉適量

じゃがいもは皮をむいて適当な大きさに切り、シリコンスチーマーで600w5分あたため、火を通します。

じゃがいもをしっかり潰し、水を切ったツナを混ぜ、一口大の大きさに成型します。

薄く油をしいたフライパンで両面やき、焼目が付けば完成です。

「ツナの大根おろし煮」

ツナ15g 大根30g 赤ちゃん用のだし100ml 片栗粉適量

 

大根をすりおろして大根おろしにしておきます。

大根おろしを鍋に入れ、ツナも汁ごと投入します。だしも入れて、コトコトと煮込みます。

火が通ったら、水溶き片栗粉でとろみをつけて完成です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です