離乳食のアイデアレシピ

離乳食初期でも食べられるフルーツを使ったデザート

離乳食初期は赤ちゃんが食べられるものが、まだまだ限られています。

素材の味を覚える時期もあるため、砂糖などの調味料は使用することが出来ません。

そんな時は、フルーツに含まれる果糖上手に使うことで甘さをプラスさせることができますよ。

今回は離乳食初期でも食べられるフルーツを使ったデザートと離乳食初期に向かないフルーツを紹介します。

フルーツに含まれる自然な甘さと効果

フルーツに含まれる甘さは糖質の一種で「果糖」と呼ばれています。

果糖は水分を呼び込む作用もあり腸内で水分を吸収し便通を促す効果が抜群です。

しかし、スイカや柿など下痢しやすいフルーツもあるため食べる量には注意が必要です。

離乳食初期にオススメなフルーツデザート

・バナナヨーグルト

離乳食の定番の一品になります。

バナナはフルーツの中でも甘みが強く栄養価も豊富に含まれています。

また、柔らかい食材のためペーストにしたりとアレンジがしやすいことからも離乳食初期にオススメです。

・いちごスムージー

ビタミンCが豊富な食材で甘みと酸味のバランスが良くそのままペースト状にしてもおいしく食べられます。

種は消化しにくいため便にツブツブが混じることがありますが心配はいりません。

・リンゴのコンポート

生のリンゴは固いため少量の水で煮詰めると柔らかく食べやすいですよ。

もちろんすりおろしたリンゴも手軽にデザートにできます。

整腸効果のあるリンゴは下痢気味の時におすすめですが、便秘気味の時は便を固くしてしまうため逆効果ですので、食べすぎには注意が必要です。

 離乳食初期にむかないフルーツ

マンゴーやパイナップルなどのフルーツは甘みも強く大人はよく好んで食べていますが、消化酵素が強く赤ちゃんの消化器官に負担をかけてしまうため離乳食初期には向きません。

離乳食初期から食べることができるフルーツですが、中には食べられないものもあるため選ぶときは注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です