離乳食のアイデアレシピ

便秘には何が効く?離乳食で使える腸の動きが良くなる食品

離乳食を始めると、便秘になる赤ちゃんが増えてきます。

それは、水分や善玉菌を多く含む母乳から固形物へ移行したことにより起こる現象です。

便秘になると便が出にくくなり食欲が低下してしまう原因にもなってしまいます。

そんな時には腸の動きを良くする食品を離乳食に取り入れると便もスムーズに出て食欲もアップしますよ!

今回は便秘に効く離乳食の食品を紹介します。

便秘に必要な栄養素とは

・食物繊維

食物繊維は果物や野菜に多く含まれています。

体内で水分を吸収して腸内を刺激しながら便の排出を助ける役割を果たしてくれる栄養素です。

・善玉菌

母乳には善玉菌が多く含まれていますが、離乳を勧めていくと腸環境を整える善玉菌が少なくなってしまいます。

食べ物で摂取するには乳製品などを積極的に摂取することで善玉菌が腸内環境を整えて便を出しやすくしてくれます。

離乳食初期から使える便秘解消食品

1位:バナナ

バナナは離乳食初期から完了期まで使える万能食品です。

バナナには食物繊維、善玉菌を増やすオリゴ糖が豊富に含まれています。また、甘みが適度にあるため他の食品に甘みを自然にプラスさせることも可能です。

2位:ヨーグルト

牛乳は離乳食中期からですが、ヨーグルトは離乳食初期からでも食べることが可能です。

善玉菌を多く含み腸内環境を整える効果があります。

おやつに1品ヨーグルトを加えると便秘予防に効果的ですよ。

3位:きなこ

食物繊維とオリゴ糖を含んでいるため便秘解消にとても役立ちます。

乳製品などにも相性が良く、ヨーグルトや飲み物に混ぜても効果的です。

食事で治らない時は、オリゴ糖が効果的

離乳食時の赤ちゃんの便秘で悩むママは本当にたくさんいます。

私も実際そうでしたが、食事を気を付けてみても便秘が改善されない時もあります。

そんな時は、オリゴ糖を食事に取り入れてみましょう。

オリゴ糖は腸内の善玉菌と仲良くなりやすい性質を持っており、赤ちゃんから大人まで便秘に効果が期待できます。

オリゴ糖もいろいろと販売されていますが、おすすめは天然抽出で赤ちゃんの便秘にも使えるカイテキオリゴです。

紹介したサイトには、実際にカイテキオリゴを使った体験談も書いてありますので参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です